お庭だより

  • 2013.05.16 Thursday
  • 14:41

青い空に、
新緑がよく映える季節の始まり。。。

クリニックの庭も
チューリップやパンジーたちが
色鮮やかに迎えてくれます。


『百花の王』と呼ばれるだけあって 
花径10〜20cmほどの見事な花を咲かせているのが
「ぼたん」です。

ピンクの大きな花びらが
幾重にも重なってまり状にまとまった姿は
風格が漂います。



そしてその脇で、桜の終わる頃から
鮮やかな色の花が目を楽しませてくれる
「つつじ」が咲いています。



今、クリニックの庭は
春の花たちでいっぱいです。


また、

かわいい小さな天使たちが
かえる達と一緒にお出迎えです。

是非、探してみて下さいね。


お庭だより

  • 2013.04.19 Friday
  • 09:55
テラスの花たちが、春の日差しを浴びて
生き生きとしています。

その中でもひときわ目立つのが
雪の中から出てきた"パンジー"です。



コタコタとして、瀕死の重体?…でしたが、
それを見ていた院長が『荒治療(?)』。。。

バッサリと切ってしまい、
「アッ…」と驚かされましたが

今では人一倍、
元気で愛嬌ある花姿、花色の豊富さ、
いずれをとっても飛び抜けています。

ちなみに"パンジー"なる呼称はは
フランス語の『パンセ(考える)』という言葉にちなんだもの。
そういえば、花弁に描かれた模様は
物思いにふける人間の顔のように見えなくもない。。。


カラフルな色彩
子供でも容易に描けるシンプルな花形、
今やクリニックのアイドルとも言える存在である

"チューリップ"


原種で草丈が低く
なかなかチャーミングです。

今年はいち早く、咲きました。

お庭だより

  • 2013.04.10 Wednesday
  • 10:42

雪に覆われていた庭も、
鮮やかな緑色の芽が顔をのぞかせ、
春の訪れとともに花たちが目覚めています。

いつの間にか草木萌いずる季節になりました。

福寿草、クロッカス、紅梅、ムスカリ…

今では、我がクリニックの小さなかわいい桜が
もう、七分咲きになっています。
今年はとっても早いですね。




正体不明の茶色の芽は、なんと!
FJ310174.jpg
『かたくり』の花でした。
今年、はじめてのお目見え…?

6枚の花びらを後ろに反らせて
まるで人の目を恥じらうようにうつむいて咲く花です。
「嫉妬」という花言葉は、赤いシクラメンと同じで、
花の形が燃え上がる炎を連想させることからついたようです。

クリニックに来たら、是非お庭をのぞいてみて下さい。

置物のカエル達もお出迎えしてくれますよ!

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM